クロスプラットフォーム開発Cross Platform Development

アプリ開発をおこなう上で、異なるプラットフォームをそれぞれの言語による開発(ネイティブアプリ開発)が必要なケースとそうでないケースの判断に行い、開発に要する時間的コストの軽減の方法として、トリプルエージャパンはクロスプラットフォーム開発チーム(TCPD)が開発を担当する場合があります。

いわゆるスマートフォンアプリおける、iOS(アイフォーン)とAndroidの開発の場合には異なる言語によって開発を行います。これはWindows10から採用されたWindowsアプリとMacも同様です。クロスプラットフォーム開発には開発内容に適した開発ツールがあり、そのツールを使用する事でどちらのプラットフォームも同じ処理をおこなう部分は共有し、異なる処理をおこなう部分はそれぞれの仕様に応じてカスタマイズを行い開発に要する時間を大幅に削減します。

クロスプラットフォーム開発(TCPD)を実装する理由

トリプルエージャパンは、クライアント様のビジネスに即したオリジナルの業務用システムを開発する事があり(売上管理、在庫管理、給与管理、物流管理、顧客管理など)、クロスプラットフォーム開発はこの業務用システムに向いていると考えます。業務用システムの開発の優先すべき部分は、クライアント様の通常の業務における時間短縮や人的コスト削減を目的とした設計などが主流であり、根幹部の設計に重きを置き、開発をする点にあります。

システムの細部にこだわる場合の開発ではネイティブ開発のほうが実装しやすく、開発によってそのメリットを生かした方法と手段をとり、行うのがトリプルエージャパンのシステム開発における考え方の基本概念となります。

お問い合わせ・ご相談

092-739-7717受付時間:平日10:30~18:30

お問い合わせ・ご相談
開発の流れ
  • ヒアリング・調査

    実務担当者のお話を伺います。

  • 設計

    サイトマップ(設計図)、フレームアーキテクトの作成を行います。

  • UI / UX 構築

    各種ブラウザやOSの閲覧環境も考慮し実装イメージを作ります。

  • 開発

    開発中に細かな仕様の確認を行い、操作性を重視した管理画面を作ります。

  • 運用・保守

    PR/広告案/SNSの活用などのプロモーションのご提案も行います。